October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【EVENT & WORKSHOP】The CAMPus @NEWoMan(東京)

6月11日(土)グランドオープンの日に参加させて頂きました。

気持ち良い天候の中、たくさんの方にご来店頂き、ありがとうございます。

 

たくさんの方からあたたかいお言葉を頂きました。

『和三盆をもっと身近に』感じて頂き、皆様の何でもないひとときが『ちょっと良い日』になると私たちも嬉しいです。

 

来週は、大阪の豊崎神社に参ります。
WSを開催しておりますので、是非お立ち寄りください。

 

 

【EVENT & WORKSHOP】TOKYO COFFEE FESTIVAL 2016 spring



「TOKYO COFFEE FESTIVAL 2016 spring」
思い出の写真を届けていただきました。

天候にも恵まれ、1日約2.5万人もの来場があったそうで、
たくさんの出会いといい香りに包まれた2日間でした。

私たちもコーヒーという世界へ、もう一歩踏み込めた気がします。

まだイベントが終わってからあまり時間が経っていないのですが、
商品のお問い合わせや、サンプルのご依頼を頂いてありがたい限りです。

「コーヒーさんぼん」の新しい挑戦。
オーナーさんのこだわりの豆でオリジナルのプレミアムコーヒーさんぼんを作ること。

いつかたくさんの種類のプレミアムコーヒーさんぼんの
食べ比べができる日が来たら、、、

ワクワクがとまりません。

泉田


 

【EVENT & WORKSHOP】TOKYO CRAFT MARKET|Season 01 : Spring 2016 @国際連合大学(東京)

TOKYO CRAFT MARKET に出店してきました^^

気持ちの良い天気に恵まれ、たくさんの方に和三盆体験、商品のご購入をいただきました。

皆さんの笑顔が少しでも増えますように…ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

お隣のWSも楽しそうでした!

 

【RECIPES】いちごの和三盆がけ

いちごの和三盆糖がけ。
至福の時。練乳の代わりにお試しください^^

 

【和三盆の豆知識】和三盆は黒糖の仲間

和三盆って普通のお砂糖とどう違うの?

そんな質問を受けることがあるので少しまとめてみました。

 

砂糖は製糖の過程によって「分蜜糖」と「含蜜糖」に分けられます。

 

分蜜糖は、グラニュー糖や上白糖などのことをいいます。

分蜜糖の特徴は、その成分のほとんどがショ糖で出来ていて、ミネラル分は期待できません。

 

含蜜糖は、黒糖や和三盆糖などのことをいいます。

含蜜糖の特長としては、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル分が豊富なことです。このミネラル分を始めとした不純物により、甘味を強く感じたり、苦味を感じたりします。

 

砂糖は、この2種類に分類をすることができ、和三盆は「含蜜糖」に含まれます。

 

 

砂糖の原料となるサトウキビの搾り汁は、ミネラルをはじめ、様々な成分が混じり合っており、複雑な味になっています。(黒糖も雑味をイメージしてください)

そのため、精製を行い、不純物を取り除いていくことで、純度の高い砂糖が出来上がります。

ただし、不純物の中にはミネラルが多く含まれているので、完全に精製を行ってしまうとせっかく含まれているミネラルも除かれてしまうのです。

 

和三盆糖も、味を整えるために精製を行います。

しかし、手作業で行うので精製が完全にはできず、ミネラルを含んだ程よい味の砂糖に仕上がるのです。

また、煮詰める段階で丁寧にアクを取り除いているので、精製の時に取り除かれた糖蜜(モラセス)も良い味のものに仕上がります。


 

 旭屋出版発行「和菓子」を参考にせとうちラボラトリー作成
※「蜜」の漢字を変換ミスにより「密」にしてしまっております

 


「含蜜糖」と「分蜜糖」の違いは分かりましたでしょうか。
和三盆の一種独特の風味の正体は、サトウキビの品種の他に、「蜜」もキーワードのようです。
製糖所によって、精製(研ぎ・押し舟)の方法や工夫も異なるので、和三盆の味が全然違うことも納得です。

 

【EVENT & WORKSHOP】旬彩館イベント♪(東京)

上で紹介したように、3月21・22日に東京 / 新橋の物産館「せとうち旬彩館」さんにて
行ったプレ販売にて和三盆を購入された方、本当にありがとうございました!!

ここで少し今回販売した商品の紹介を・・・

テーマはズバリ「瀬戸内」!!
瀬戸内の太陽と海を意識した商品です。






↑和三盆をつくっているところ。
木型に和三盆を詰めて抜き取る・・・簡単に言えばこれだけなんですが、意外と難しいのです。






↑菓子木型伝統工芸師、"市原吉博氏"が販売していた和三盆セット。
これを買えばいつでもおうちで出来たての和三盆がたべられますよ〜♪





ちっちゃくって可愛いvv

 

【その他】ブログスタート

今日から始まりました。

さぬき和三盆「HIYORI」

 

地元香川の仲間と一緒に企画している讃岐伝統の手作り高級和菓子「和三盆」。
 
四国で唯一残る、菓子木型伝統工芸師、"市原吉博氏"によって
、手彫りならではの暖かみのある商品が誕生しました。
 
わってたべる和三盆「さぬきわさんぼん HIYORI」
この連休中に東京 / 新橋の物産館「せとうち旬彩館」さんにてプレ販売、
好評につき完売です!
 
そして…
おもてなしの鯛焼きがあまりに大きくてびっくり…(!)




 

 

<<back|<123456
pagetop