November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【SETOLAB FARM】草抜き 7月

7月になりました。今年は梅雨が長かったのでジメジメとした日が続きました。

庭の「ほそきび」くんは順調に育ってるのを毎日確認していますが、畑の「ほそきび」くんはなかなか草刈りに出られず、草が伸び放題。

 

 

サトウキビどこー??ってくらい草が生えてしまいました。「ほそきび」くん、ごめん!

今年は1週間ほどタイのバンコクへ和三盆の販売へ行ったり、草抜きに行く予定だった日に大雨が降ったりで、前の草刈りから期間が空いてしまいました。

途方にくれそうな草の量ですが、ほそきびにしっかりと太陽の日をあてないといけませんし、土の栄養が少しでも多くほそきびにいき渡るように草を抜いていきます!!

今年は勉強!こうやって育てていると、質の高いサトウキビを育てるためにどうしたら良いか本当に色々気付きます。

来年は商品として展開できるように、今年は猛勉強中です^^

 

 

サトウキビを切ってしまわないように、草を刈り取っていきます。

 

 

炎天下の中、7時間くらい草を抜き続けたところようやくサトウキビがわかる程度に。

まだ抜かなければいけない草がたくさんあるのでまた抜こう!

今日は気温もとても高かったので熱中症になるかと思ったー!!!!

でも、これくらい暑い方がサトウキビにとってはいいもんね!元気に育って欲しい!

 

実は隣の畑では「ほそきび」ではなく、普通の黒糖に使う太めのさとうきびを植えています。

7月の段階で既に生え方が違っていて(芽が出るときも全然違っていました)、やっぱり同じサトウキビでも品種が違うんだなぁとしみじみ感じました^^

品種も違えば、生え方も違うのだから、違う味の搾汁液が採れて当然。

和三盆の上品な味の根元はやっぱりこの「ほそきび」なんだなと認識しました。

でも、まだまだ納得したいことがたくさん。自分で体験することで独自の研修を続けていきたいな。

 

    

 

4月に植え付けをして、7月の段階の「ほそきび」と「普通のサトウキビ」

葉を含めた背丈はあまり変わらないけど、茎の細さが圧倒的に違う。

普通のサトウキビは葉が上向きに生えているような感じで、茎だけの高さを見ると現時点では「ほそきび」の方が背が高いような??

本当に君はサトウキビなのかと思うような茎の細さですが、梅雨が明けた今からがぐっと大きくなってくる頃。

しっかりと観察を続けていきたいです。

 

 

 

僕の身長が172cmですが、7月時点では腰くらいの背丈でしょうか。

(長そで長ズボンで草抜きをして暑すぎたので、すぐに半袖に着替えました)

 

 

隣に流れている川です。

やっぱり水がきれい。

いい「ほそきび」が育ちますように。

 

comments

   
pagetop